こどもに学び、こどもを守る

予防接種スケジュールが確認できます。ご予約の際のご参考にしていただけます。(ワクチンスケジューラー

ケータイサイトはこちら

QRコードを読み込むか、
http://makc.jp/m/
まで直接アクセスしてください。

受診の手順

a. 受付

診察券と保険証をご提出ください。
初めての方は問診票を記入してお待ち頂きます。

b. 診察前の待合室

すぐに診察ができるように洋服のボタンを外して待ちます。

  • 上着など厚手の衣服は、あらかじめ脱いでおくようにお願いします。
  • 上半身は胸上・背中は肩甲骨まで大きくまくれるようにお願いします。
  • 乳幼児のロンパースは、下のボタンをあらかじめ外しておいてください。
  • おなかの診察では、ズボンのボタンを外すことが多いので準備をお願いします。

c. 診察

だっこしている場合は背中から聴診します。通常は、下記の流れになります。
胸の聴診、背中の聴診、頸部の診察、おなかの触診、のどの診察

(1) 診察時の抑え方

「泣いている子どもを抑えるのはかわいそうだ。」と抑えを緩くしてしまうことにより子どもが動き診察時の道具などで思わぬ事故につながります。特に抑えが必要な診察(例 のど、耳の診察等)は、しっかりと抑えるようにしてください。子どもは必死なので油断すると思わぬ事故につながります。

(a)
0-4ヶ月:ベッドに寝かせて診察することがあります。その際は、おむつ1枚にして診察する場合があります。
5-12ヶ月:のど・耳の診察では、養育者のお手伝いをお願いします。片方の腕で前から両手を抑え(図-1)子どもの足をしっかりと養育者の足で挟み込み、足・腰・腕をしっかりと抑えます。次にもう一方で額を抑えてください(図-2)。インフルエンザの簡易検査を行う場合は、細い綿棒を鼻のかなり奥まで入れますので、子どもが少しでも動くと非常に危険ですので、先の抑え方と同様にしっかり抑えましょう。

図-1 利き腕でしっかり子どもの身体を抑えます。このときに手が出てこないようにしっかり抑えます。同時に子どもの足をしっかり養育者の足で挟み込みます。 図-2 反対の手でしっかり子どもの額を抑えます。 図-3 耳の診察

(b)
1歳以上:のど・耳の診察では、養育者のお手伝いをお願いする場合があります。
片方の腕で前から両手を抑え、もう一方で額あたりを抑えてください。インフルエンザの簡易検査を行う場合は上記ののど・耳の診察と同様の抑え方をお願いする場合があります。

(2) 兄弟姉妹の場合

同時に診察します。
小さい子を養育者に抱っこしていただき、上の子はベッドに腰掛けた状態などで診察します。流れは下記の通りです。 胸の聴診、背中の聴診、頸部の診察、おなかの触診、のどの診察の順に同時に行って参ります。

(3) 予防接種

(a) 準備
肩がはっきり見えるまで服をまくった状態で待ちます。接種は原則として前回と反対側に行います。同時接種の際は片側に2種ずつ接種します。ご兄弟姉妹で同時に実施する際(インフルエンザなど)は、恐がりの子から先にやります。

(b) 診察
37.5度以上の発熱がないことを確認し、胸の聴診とのどを診ます。
0-4ヶ月:ベッドに寝かせて診察することがあります。その際はおむつ1枚にして診察する場合があります。
5-12ヶ月:のどの診察では、養育者のお手伝いをお願いします。片方の腕で前から両手を抑え、もう一方で額あたりを抑えてください。
1歳以上:のどの診察では、養育者のお手伝いをお願いする場合があります。
片方の腕で前から両手を抑え、 もう一方で額あたりを抑えてください。

(c) 接種前の準備(抑え方)
図-4 養育者の腿を椅子のようにし、子どもの足をしっかり挟み込みます。子どもの背中側の(養育者の)手で子どもの身体をしっかり身体に引き寄せるように抑えます。反対の手でしっかりと子どものあご、首、頭のてっぺんをしっかりと固定し動かないようにします。 要注意点: 手が出てこないようにしっかりと抑えましょう。

(d) 接種後
特に揉んだりする必要はありません。激しい運動を避け、いつもの生活をして問題ありません。また、入浴も問題ありませんが、患部をごしごし洗うなどしてはいけません。

(4) 健診

(a) 準備
身長・体重などの計測がしやすいように、おむつ1枚あるいは下着1枚にすみやかになれるように準備をお願いします。

(b) 計測
血圧・身長・体重・頭囲(・胸囲)の測定をします。

(c) 診察
0-4ヶ月:ベッドに寝かせて診察することがあります。その際はおむつ1枚にして診察する場合があります。
5-12ヶ月:のどの診察では、養育者のお手伝いをお願いします。片方の腕で前から両手を抑え、もう一方で額あたりを抑えてください。
1歳以上:のどの診察では、養育者のお手伝いをお願いする場合があります。
片方の腕で前から両手を抑え、もう一方で額あたりを抑えてください。

(d) 相談

d. 診察後の待合室

会計をお待ち頂きます。処方箋、診察券、保険証をお持ちになってください。